二重記念美は効果がないの?

親に買って欲しい物をおねだりする上手な方法

    

欲しいものを、親に買って欲しいものをおねだりする上手な方法!

 

欲しいものっていっぱい増えちゃいますよね。

 

欲しいもの全部買ってもらえたりすると言うことはないんですが、

 

そういうわけにもいかないですよね( *´艸`)

 

なので本当にほしいものをおねだりする方法っていうのを伝授します!

 

まず欲しいものをおねだりするのってどういう感じでしますか?

 

・~~こういうのがあってほしいんだけど、買ってくれない?

 

・最新の~~があってみんな持ってるから私もほしい!

 

っていうのが多いんじゃないですか?

 

これで買ってくれれば話は早いですけど、

 

こういうおねだりの仕方って次も使おうとすると使えないんです。

 

それは大人が納得してなく、

 

しぶしぶしょうがないな…という感情になり買ってしまうからです。

 

別に成功すればなんでもいいかなと思うのですが、

 

毎回毎回成功率をあげていったほうが絶対いいですよね!

 

やっぱり子供と大人では考える部分が全然違うくて、

 

子供はものを欲しがると単純にほしい!

 

という気持ちでいっぱいになるんですが、

 

大人はほしい!とおもってもまず、いろいろ考えます。

 

金額的なことであったり、本当にこれはいるものなのか?など。

 

自分を納得させたあとで物を買うという流れになります。

 

なのでおねだりをする際には、

 

ほしいものが今わたしにとってどれだけ必要か、買ってくれるとこんなメリットがある!

 

などという点をきちんとまとめて親に話す必要があるんです!

 

親が納得さえしてくれれば買ってくれることも簡単になります。

 

例を出すとですね・・・

 

化粧品がほしい!となると、親におねだりをします。

 

でも親は「化粧品なんてまだ早いからダメ」という反応をします。

 

これは単純に欲しがっているだけでまあすぐ飽きるだろうなって親は感じとっているのです。

 

そこで化粧品を買えばこういうメリットがある!っていう熱意を伝えるんですね。

 

多少盛ってもいいです。買ってもらえるのなら!笑

 

『・私にはもちろんまだ早いっていうのはわかっているけれども、

実は化粧品そのものに興味を持って将来メイク関係の仕事につきたいって考えているから、

今のうちにいろんな化粧品に触れて実際に試してみたいの。』

 

なんていうのは例ですが、単純に~~ちゃんも持ってるからほしい!

 

なんていうのとは印象が全然違います!

 

なんで欲しいか。なんのために欲しいか。っていうのがきちんと伝わるからです。

 

親におねだりするときは、押しで無理矢理買ってもらうんじゃなくて、

 

きちんとなんで欲しいかっていうのを自分なりにまとめて親に話す必要があります。

 

そうするときちんと筋が通っているので親も次の機会に買ってくれる可能性が増えます!

 

欲しいものに置き換えて例を使ってみてくださいね♪

 

関連記事

 

・二重記念美は効果がないの?3つのポイントで検証!

 

・一重と二重もてるのはどっち?

 

・ギャルと可愛い系モテるのはどっち?

 

・二重記念美をお得に買う方法は?

 

・ナイトアイボーテをお得に買う方法は?